大学を中退して医学部再受験生(1ねんめ)

大学を中退して、2016年4月から医学部再受験生やってます。医学部再受験を迷っている方、受験生の方のお役に立てそうなことを発信します。

医学部再受験のいろは① 医学部再受験とは

スポンサーリンク

 

再受験って、なんぞや

「大学を受け直そうかなあ」と考えているときに、ネットで知ったのが医学部再受験という言葉でした。

私個人の考えに基づく部分もありますが、参考になれば幸いです。

 

 

医学部再受験とは

一度大学(院含む)に通っていた・社会に出て働いていたが、進路を変更して医学部医学科を受験し、医師となることを目標とすること。

 

ツイッターの再受験界隈には、私と同じ大学中退の方もいれば、院卒の方、社会人の方、何年か前に高校を卒業して大学受験初挑戦の方、仮面浪人の方、他の学部・学科の合格を蹴って浪人生活を続けている方・・・など

さまざまな経歴の方がいるので、明確にどこまでが再受験なのかというラインは無いように思います。

 

個人的には、多くの医学部受験生が気にする差別の点から考えれば、

 

①現役生

②多浪生

③その他(経歴良い)

④その他(経歴に難がある)

 

のようなわけ方をされているように感じます。

 

再受験生は③と④に入るわけですが、

 

③に当てはまるのは

・院卒の方(以前の専門を医学に活かせることもある)

・大卒の方

ここまでの方は、多くの場合「学士編入」を受けることも可能です。

 

・医療関連の専門学校卒の方

・働いていたことのある方(多様な人材を医学部は求めています)

 

 

④に当てはまるのは、

・中退したことのある方

(国の税金を使って医学生を教育していくこともあり、辞めずに6年間やり遂げられるかを質問されるようです)

 

・前科のある方(出願時に賞罰について書く欄がある大学もあります)

・医学部医学科を一度辞めている方

などのようです。

 

年齢については、さまざまな情報がネットで飛び交っていますが、大学側が合格者の年齢を公開していることもあるので、自分で調べるにこしたことは無いと思います。

スポンサーリンク
≪ジャニーズグッズの高額買取!全国対応+送料無料の宅配買取!≫